専門業者に依頼することで快適に弾くことを維持できる

末永く使い続けるために

演奏 ピアノを手にする際には、同時に調律の知識もしっかりと持っておくことが大事です。何年も調律をせずに放っておくと、いざ依頼したときに高額な費用が必要になってしまいます。買い取ってもらったりする際にもメンテナンスの履歴は大事になってきます。

詳しく見る

音色がきれいになる

ピアノ ピアノは湿気や気温の変化で音が変わりやすい傾向にあります、音色の変化や弾きづらさを感じた場合は調律をすることがおすすめです。定期的に行うことでピアノを良い状態に保つことができますし、弾きやすくなるので技術の向上も期待できます。

詳しく見る

手順について

鍵盤 ピアノ調律作業の流れとして、まず第49鍵目と第37鍵目の音合わせからはじめます。この作業では調律する人の耳だけが頼りです。音合わせが終わったら、整調作業や整音作業が行われます。ピアノの状態にもよりますが、一般的に作業時間は2時間程度です。

詳しく見る

いい音を出したい

ピアノ修 ピアノはデリケートな楽器なので、いい音を出すには周期的に調律を行う必要があります。ピアノ調律で実績がある楽器店は、高度な技術を持った職人がリーズナブル価格で調律や修理を行ってくれます。楽器店ではメールや電話でいつでも相談を受付しています。

詳しく見る

利用者の良きアドバイザー

演奏 ピアノの調律師は付加価値を高めるために様々な活動を行っていますが、特にピアノ利用者の良きアドバイザーとしての役割を果たそうとしています。そのため、もしピアノを購入するのであれば、何でも相談できる調律師を探すと良いです。

詳しく見る

メンテナンスを利用する

ピアノ

定期的に依頼しよう

ピアノを習っている人は多いものですが、家にピアノがあるという人はそれほど多くありません。高価なものですし、周囲の騒音迷惑なども考えて家に置けないというところもあるからです。家にある場合には周囲を気にすることなく練習できるように、防音設備にすることをおすすめします。また、音がズレてしまっているといくら練習をしても上手に弾くことはできません。間違った音のまま覚えてしまうこともあります。そうならないようにするためには専門家に調律してもらうことをおすすめします。これは素人ではなかなかできません。ピアノを購入したお店で紹介してもらったり、インターネットで調べたりして、専門業者に調律に来てもらいましょう。場合によってはピアノ購入時にサービスとして、定期的にメンテナンスに来てもらえることもあります。その際、壊れていないかチェックするだけではなく、調律もしてくれることがあるのです。メンテナンスを定期的にしてもらえば音がズレてもすぐに直すことができます。特にお子さんがピアノを習っているという場合には、定期的にメンテナンスをしてもらった方がいいでしょう。子どもは音のズレに気づきにくく、間違って覚えてしまうことも少なくないからです。せっかく習っていても上手に弾けないのでは困ります。専門業者を自身で探す場合には実績のある業者を選ぶようにしましょう。調律の専門家が居るところを選ぶのです。もちろん口コミ評価の高い業者をチェックします。評判の良いところなら安心です。