専門業者に依頼することで快適に弾くことを維持できる

音色がきれいになる

ピアノ

上達にも役立つ

ピアノは長く愛用できる楽器ですが、購入してから特にメンテナンスをしていないという人も意外と多いのではないでしょうか。ピアノは長く使っているうちに弾きにくくなった、音がずれているように感じるという場合もあります。古いピアノであれば買い替えるということも検討されますが、長く愛用してきたピアノを手放すのは忍びないと考える人も少なくありません。古いピアノもメンテナンスをすれば、より弾きやすく、音がきれいになる可能性もあります。ピアノのメンテナンスは調律という形で行われることが一般的です。ピアノは木材など天然素材が多く使われており、湿気や気温の変化で音色が変わりやすい楽器でもあります。そして、長く使っているうちに内部はゴミやほこりも溜まってきますので、これも音色に悪い影響が出る可能性があります。調律は長期に行っていなかった場合、最初は時間が掛かる傾向にありますが、定期的に続けていくと、良い状態を維持しやすくなるのでより短時間で作業が終わるようになります。調律で丁寧にピアノを整えていくと、音のずれも直りより美しい音色になります。そして、丁寧にメンテナンスをすることで弾きやすくなりますので、ピアノの腕を上達させることにもつながります。調律を依頼するときは費用も発生しますが、買い替えのことを考えるとかなり安く済ませることができます。良い結果を得るためには、調律の技術力が優れていることが大切ですので、業者選びは慎重に行いましょう。頻度は特に決まりはありませんが、年に一回程度行うと良い状態を保ちやすくなります。