専門業者に依頼することで快適に弾くことを維持できる

手順について

鍵盤

作業の方法

ピアノ調律の手順として、まず第49鍵目にあるラの音の鍵盤をたたくことから始まります。そして、一般的に440ヘルツと定められている音叉のAの音と完全に合わせるために、弦をチューニングハンマーで締めたり緩めたりして調律します。この音合わせの作業は耳だけが頼りなので、耳を良く済ませて、微妙な音の違いがなくなり、二つの音が同調するまで調節する必要があります。音が完全に合うと、弦と音叉の音のウナリがなくなり澄んだ音へと変わります。これで第49鍵目の調律は終わりですが、同様に1オクターブ低い第37鍵目の音合わせを行います。第37鍵目の調律が完了したら、いくつかのキーを同時にたたいて和音を作り、1つ1つの音程を確認していきます。これで一通りのピアノ調律作業は終わりですが、続いて整調・整音作業が行われます。整調作業ではアクションやハンマーの機能が正しく動いているかを確認します。具体的にはキーが正しく水平になっているかや、キーを押した際の深さは一定であるかなどを確認していきます。整音作業では、全ての弦の音の高さが正しい調和のとれた音になっているかを、実際にピアノの音を出しながら確認します。これらが一般的な調律作業の流れとなります。ピアノの状態によって変わってきますが、一般的な家庭のピアノでは2時間程度で一通りの作業が終わるといわれています。また、作業の流れは安価なピアノであっても高価なピアノであっても変わることはありません。